ブログ初心者必見!ブログと日記の違い

>

テクニックをマスターしよう

インパクトのある文章へ

最後に読者目線の文章が書けるようになってきたら、その文章のインパクトを強める工夫を施してみましょう。

文章の効果的な書き方はキャッチコピーなどではとても重要ですし、多くの例が紹介されています。
ここではその中でも、読者にストレートに伝わる文章を作るテクニックを見てみましょう。

読者にストレートに伝わるということは、読者が書き手と同じ知識、概念を共有しているということです。
一番わかりやすい例でいえば、数字です。
数字を使うことで、推しているもののすごさを一目で知ることができます。
またおすすめのものを紹介するときにも、「あの人も使っている」とか「あの悩みを解決!」といった風に、話題となっている人・モノを媒介にすることで興味を一層ひき立てることができます。

アクセス数を増やそう

また読み手に伝わる効果的な文章が作れるようになってきたら、今度はそれが広く読まれるような工夫をしてみましょう。

インターネットには数えきれないほどの多くのサイトがあふれています。
その中から皆さんの文章が読まれるには、ある程度の需要が生まれてこないといけません。

そうした需要を高めるために、人々の関心のあるワードを盛り込むようにするということが重要です。
先ほどのテクニックともかかわってきますが、話題性のあるワードは読んでいる際の興味をひき立てるだけでなく、検索する際のいわば「入り口」の段階でも重要になってくるのです。
これはSEO(検索エンジン最適化)とも関わることですが、人々がよく検索するワードを盛り込むことで、アクセス数を高めることができるのです。

ブログをより質の高いものにするための工夫はまだたくさんあります。
是非ご自分でも研究してみてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る