ブログ初心者必見!ブログと日記の違い

>

メッセージの伝え方

ポイントをまとめよう

先ほど日記をブログに高めるためには客観性が重要だと述べました。
しかし客観性は突き詰めれば事実の羅列に行き着くのではないかと疑問に思った方もおられるでしょう。
ブログに必要とされる客観性とは、自分の伝えたいメッセージを、客観的な根拠を踏まえながら述べていくことに必要とされます。

例えば皆さんがお気に入りの店を紹介する場合、自分がその店に行った感想を述べるだけでは、その良さが十分に伝わるとは限りません。
まずは書く前に、その店がほかの店と違いどういう点で優れているのかといった点を整理しましょう。
値段、味、立地、あるいは店の雰囲気であったり、書き手が気に入っている要素はどこかにあるはずです。
そのように考えていくと何をポイントとして文章を書けばいいのかが見えてくると思います。

はじめと終わりは超重要

書き手が読み手にメッセージを届けるためには、文章の内容においてポイントを絞っていくということが大切です。
今度はその絞り出したポイントをどのように配置していくかということが重要になってきます。

文章を読むとき、99%の読者がまず目にするのは文章のタイトル、ないし文章の初めの部分です。
この位置に一番伝えたいメッセージを配置し、それを裏付けるように文章を書いていくことで、統一感のある読みやすい文章を作ることができます。
そしてはじめと同様に重要なのが、文章の終わり方です。
最後まで読んでくれた読者に向けての最後のアピールの場となるわけですが、先ほどのお店紹介の例でいえば、その店に実際に行ってもらうように誘導する終わり方が効果的でしょう。
アクセスを載せたりという配慮もあれば、読者により親切なブログが出来上がるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る